中国に赴任した際、購入するべき家電とは何か

中国に限らず、海外に赴任すると家具や家電をどうしようと悩みますよね。

中国には、中国ならではの購入するべき家電というものがあります。

これは、中国に赴任した場合に購入しておくべき家電についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

空気清浄機

特に北京の大気汚染は世界的に知られていますが、大気汚染は北京のみならず中国全土にわたって深刻な問題になりつつあります。

集中暖房が行われる11月から3月までは大気汚染がひどくなり、 街中を見るとマスクをして出かける人をたくさん見かけます。

そんな中国で生活するなら、空気清浄器がとても大切です。

空気清浄機は午後24時間つけっぱなしの ことも多く、むしろ空気清浄機なしではとても生活できないという日も少なくありません。

中国に赴任したら、まず空気清浄機を購入しましょう。

アパートによっては既に空気清浄機がついている場合もあります。

加湿器

集中暖房で大気汚染が深刻な問題になる11月から3月は、空気も非常に乾燥します。

特に赤ちゃんや子供、お年寄りがいる家庭においては加湿器は非常に重要です。

赤ちゃんの場合、加湿器がないと 肌が乾燥してしまい、湿疹が出てしまうということも珍しくありません。

加湿器も空気清浄機同様、24時間つけっぱなしということがたくさんあります。

中国の電気代は安いですから、空気清浄機や加湿器をつけっぱなしにしておくことで電気代が跳ね上がるという心配はありません。

加湿器も空気清浄機と同じく、アパートについているということもあります。

しかし、 非常に重要な家電ですから空気清浄器と同じように、 自分にあったものを選びましょう。

暖房器具

共産国家である中国では、自分で灯油を自由に買い、暖房を使うということはできません。

近年ではエアコンを暖房代わりにする人もたくさんいます。

中国北部では11月15日から3月15日まで集中暖房が行われます。

セントラルヒーティングと言われるもので、部屋中にめぐらされたパイプの中をお湯が流れることにより部屋中が暖房されるというシステムになっています。

この暖房には一切のお金がかからず、 効率的に部屋が暖まるためとてもありがたいものではありますが、言い換えれば11月15日まで暖房が効かないということになります。

11月に入れば気温がぐっと下がりますから、暖房がない状態で寒い日を過ごさなければいけないということも少なくありません。

同様に、3月15日に暖房が終わってもまだまだ寒い日が続きます。

そのため、自宅で使える暖房器具も用意しておいた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

中国に赴任となると、家から家電を持ってきたほうが良いのかと悩む人もいるかもしれません。

しかし、 中国は電圧が違いますから家電は中国で購入したほうが良いでしょう。

なお、携帯を充電するケーブルは全世界で使える電圧になっていますから心配ありません。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする