中国へ転勤!引越しはどうしたらいい?

中国に転勤が決まったら、引越しはどうしようと考えますよね。

国内でも引越しふ大変ですが、海外への引越しはもっと大変です。

そんな時、中国への転勤が決まった場合、引越しのやり方についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

引越し業者にお願いする

日本と中国は複雑な国際関係を維持しているにもかかわらず、お互いに影響力のある関係を持っています。

日本で暮らす中国人はたくさんいますし、逆に中国で仕事をする日本人も少なくありません。

そのため、日本と中国の間の引っ越しをサポートするための業者もたくさん存在します。

やはり引越し業者に相談すれば、例えば荷物を郵送してもものがなくなるという心配が減りますし、ものが壊れてしまうということも考える必要がありません。

税関さえしっかりと申告しておけば安全に運んでもらえるという利点があります。

もしも中国に転勤が決まったら、引越し業者を調べてみても良いかもしれません。

郵送する

もしも既に居住先が決まっていたり、友人宅や親戚宅に荷物を送ることができるのであれば、先に郵送してしまうという手段もあります。

ただし、日本の郵便制度は世界でトップクラスですが、中国の郵便制度はそこまで信頼できるものではありません。

特に、中国から海外に送るものは基本的に届きますが、海外から中国に送られてきたものは届かない可能性も高くなります。

そのため、もしも中国に郵送するのであればなくなっても構わないものに留めておきましょう。

逆に、もしも中国で仕事をして転勤が終わり、日本に帰る場合は郵送しても構いません。

郵便局に行けば頑丈な箱が売っていますので、その箱を購入して荷物を詰め、郵便局に持っていきましょう。

自分で飛行機で持っていく

日本と中学の間には様々な航空会社が飛び交っています。

もしも引っ越しで荷物が多いのであれば、直通便がオススメです。

例えば、中国と日本の間の直行便としては、もちろん空港にもよりますが中国東方航空やエアチャイナが有名です。

そのような航空会社の場合、一人当たり23キロ以下のスーツケースを2つ預けることが可能です。

一人当たりスーツケース2つと言えば相当な重さになりますから、もしも引っ越しをする際は家族でスーツケースを利用し、自分たちで持ち運んでも良いかもしれません。

なお、空港のタクシー乗り場に行けば大型自動車で送り届けてくれますので、安心です。

まとめ

いかがでしょうか。

中国への転勤が決まったら早めに荷物をまとめるようにしましょう。

また、中国の入国や税関申告はそこまで厳しくはありません。

なんとなくコピー商品等の問題で例えば書籍等の持ち込みが厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、書籍やパソコンなども持ち込むことが可能です。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする