中国への転勤!銀行口座はどうしたら良い?

中国に転勤が決まったら、銀行口座を作る必要があります。

お給料が日本の口座に振り込まれるのではない限り、現地の口座に振り込まれることが一般的ですよね。

しかし、いきなり海外で銀行口座なんて作れるのかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。

ここでは、中国の銀行口座についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

どの銀行か確認すること

中国には銀行がたくさんあります。

最も一般的なものは中国銀行ですが、それでもお給料が振り込まれる銀行は決まっている場合があります。

そのため、どの銀行の口座が必要なのか職場に確認するようにしましょう。

また、多くの銀行では通帳かキャッシュカードの片方をもらうことができ、両方もらうことができません。

職場によってはキャッシュカードが必要という場合もありますし、明細を記録するために通帳が必要だと言われる場合もあります。

そのため、中国に転勤が決まって口座を作らなければいけないとなったら、まず職場に確認してどの銀行に口座を作らなければいけないのか、通帳とキャッシュカードのどちらが良いのか確認しましょう。

銀行口座は簡単に作れる

海外に転勤となったら、その国の口座が作れるのかどうか不安だという人もいるでしょう。

中国で銀行口座を作る事は簡単です。

パスポートさえあれば外国人でも開設することができるのです。

銀行口座が必要だとなったらパスポートを持って銀行に行きましょう。

その場合は出来る限り、職場に近い銀行や大学構内にある銀行が良いです。

なぜならば街中にある銀行では英語が通じる人がおらず、何を言われてるのか全然わからないということも珍しくありません。

なお、署名をするときには名字、名前の順でしましょう。

パスポートに名前、名字の順で署名をしてある人はついその順番で署名してしまいますが、中国は名字が先に来ますから、名字を先に書かなければ何度も用紙の書き直しを求められる可能性があります。

キャッシュカードについて

中国では、銀行で口座を作るといわゆる銀聯カードを受け取ります。

これはお店で使うこともできますし、お金を引き出す時にキャッシュカードとしても使えます。

中国はビザカードやマスターカードなど、世界基準のクレジットカードがほとんど出回っていません。

地域によって発展途上のところも多く、世界基準のクレジットカードでは審査が通らない人も多いのです。

そのためビザカードマスターカードを持つ人が少なく、だからこそお店がそのようなクレジットカードと提携をしていません。

しかし、この銀聯カードはほとんどの場所で使うことが可能です。

銀聯カードはデビットカードと同じで、お金を使った瞬間に口座から引き落としがなされますから、お金がある分しか使うことができません。

まとめ

いかがでしょうか。

最近、中国では日本人のクレジットカードなどが読み取られ、多額の被害を受けているという人が増えています。

クレジットカードを使うときには、たとえそれが銀聯カードであったとしても、カードの読取機のそばで不穏な動きがないかどうか確認しなければいけません。

くれぐれもクレジットカードから目を離さないように、そして暗証番号を打ち込むときには手で隠して周りから見られないようにする必要があります。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする