中国に転勤したら子供はどうする?

中国に転勤が決まったら、子供はどうしたらよいのでしょうか。

海外転勤となったら家族を帯同する場合もありますし、家族は日本に残るという場合もあります。

ここでは、転勤が中国に決まった場合、子供をどうしたら良いのかその選択についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

家族は日本に残る

まず、中国に転勤するとなっても子供含めて家族は日本に残るという選択肢があります。

特に学校に通わなければいけない年齢の子供にとって、引っ越しは大きな負担となってしまいます。

それが海外への引っ越しとなればなおさらですよね。

実際に、中国は生活環境が大きく異なる可能性があるということで仮に父親の転勤が決まったとしても、帯同しないという家族は少なくありません。

言語の問題もあり、アメリカやイギリスであればついていくという家族もいますが、中国の場合は中国語が離せないと社会で困る可能性があるということもあり、奥さんが日本に残りたがることも多いのです。

現地の学校に通う

もちろん、中国にも日本人学校や外国人を受け入れている学校がありますから、子供はそのような学校に通うということもできます。

中国はかつては外国人を公立の学校に受け入れる事はほとんどなく、外国人はあくまでも日本人学校なのに行くしかありませんでした。

もしも英語を話せるならば外国人を受け入れている学校、「国際部」でも構いませんが、もしも英語に不安がある場合は日本人学校の方が良いかもしれません。

中国は日本人が多いため、そのような学校もたくさんあります。

しかし、日本人学校など外国人を受け入れている学校は値段が高くなるため、ここは親が妥協しなければいけません。

子供だけ日本に残る

日本人学校であったとしても、海外への引っ越しは子供にとっては負担になります。

もしも親戚の助けを得ることができたり、親戚が近所に住んでいたりする場合は、子供だけ親戚の家に残し、配偶者だけが中国に帯同するということも可能です。

ただし、子供が幼い場合は母親の助けが必要ですから、このようなケースは極めて稀です。

しかし選択肢の1つとしては子供だけ日本に残るということも可能なのです。

まとめ

いかがでしょうか。

転勤が決まるとやはり子供をどうするかということが気になりますよね。

子供にとっては負担がないようにしたいものです。

国内の転校であっても負担がありますから、もしも中国に転勤が決まった場合は本人の希望も聞きながら、しっかりと決断したいものです。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする