中国の駐在員の生活とはどんなものなんだろう

中国の駐在員とは一体どのような生活をしているのでしょうか。

日本の企業から派遣されて中国にやってきた駐在員の生活は、中国で働いている外国人の生活とは異なる点が複数あります。

ここでは、中国で働く駐在員の仕事についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

会社が管理するアパートに住む

取材の場合、会社が管理しているアパートにて生活をすることがほとんどです。

特に中国は賃貸家賃の高騰が激しく、例えば北京の場合は約10万円程度で良いアパートに住むことができません。

駐在員のパートの場合、会社が管理していて家賃を払う必要がないことも多く、本来約30万円程度の家賃のアパートに住んでいるということも少なくありません。

アパートに住んでいるのは基本的に全員日本からの駐在員ということも多く、言語化しゃべれなかったとしても交流に困る事はありません。

なお、アパートには幼稚園が付いている場合もあり、小さな子供がいる場合はその幼稚園に子供を生かせることもあります。

駐在妻たちの憩の場

駐在員の奥さんたちの事は一般的に「駐在妻」と言われており、頻繁に集まってお茶をしたりするというのが一般的です。

そんな時の話題は夫の学歴自慢や子供の学歴自慢です。

夫たちは全員同じ企業で働いていますから、職業では自慢話をすることができません。

そのため、夫の話題となれば学歴を比較するしかないのです。

そして子供が居る場合、子供がどこの学校に通っているか、あるいは自分たちが今までどこの国で生活をしてきたか、ということが自分の話の種になります。

駐在妻たちはこのような態度をアパート以外に住む、駐在員ではない日本人に対しても取る傾向があり、煙たがられているという一面もあります。

週末はアパート内で交流する

中国の駐在に限ったことではありませんが、駐在の多くは週末は駐在員同士で交流することがあります。

駐在員同士で飲みに出かけたり、食事をしたり、時間を楽しみます。

同じ日本人同士での交流ですから中国語がしゃべれなくても困る事はありません。

また、彼らは中国であっても日本企業同等の給与もらいますから、彼らの生活費は中国で一般的に生活をしている外国人や中国人とは到底違ってきます。

大使館が立ち並ぶ北京の朝陽区は駐在員たちが頻繁に出かけるレストランなども多く、むしろ外資系のお高いレストランなどとして知られているレストランなどにも頻繁に出かけてきます。

まとめ

いかがでしょうか。

駐在員たちの生活は非常に効果と言われており、彼らの中には日本に帰ってから日本並みの生活に適応することができない人たちも少なくないと言われています。

また、彼らの生活ぶりは元気に住んでいる日本人からも理解されないところがあり、人間関係は狭いままです。

そのため、現地に住んでいる日本人は、駐在員にはあまり興味を持っていません。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする