中国で生活していたらどんなストレスが溜まる?

海外で生活をするという事はそれなりに大変なこともたくさんあります。

慣れない国であったり、日本では起こらないようなことが当たり前のように起こる国だとなおさらです。

ここでは、中国で生活をするにあたり、どんなことにストレスが溜まるのか、ということについてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

インターネット

中国で生活し、ストレスが溜まることの原因としてはまずインターネットが挙げられます。

中国はインターネット規制が行われており、例えばYouTubeやFacebook、Twitter等のサイトを見ることができません。

それらに限らず、日本では当たり前のように見られるサイトが見られないこともたくさんあります。

もちろん、それらを見る方法はありますが、そうするとインターネットのスピードが格段と遅くなります。

さらに、例えば北京で国際的な大会が行われていたり、全国代表人民大会などが行われていたりするとインターネット自体もスピードが遅くなるため、とにかくストレスです。

トイレ

中国のトイレと言えば、「穴が開いているだけでそこにしゃがんで用を足す」などと聞いたことがある人もいるかもしれません。

北京にはさすがにそのようなトイレはありませんが、それでも決して綺麗とは言えません。

トイレットペーパーは流さず、便器の横に置いてあるゴミ箱に捨てますから、換気の悪いトイレだととにかく臭いがこもります。

手洗い場に大きなトイレットペーパーが設置されており、必要な分だけ取って個室に入りますが、トイレットペーパーが空になっていることも少なくありません。

また、洋式のトイレだと何故か便器の上に足跡があったり、便器の上が派手に汚れていたりして、とても使えたものではないこともあります。

中国で生活するにあたり、トイレは大きなストレスの1つです。

トイレは行きたい時に行くのではなく、行ける時に行かなければいけません。

シャワー

中国で生活をしていると、シャワーの水が出ないということもよくあります。

シャワーの水が出てもなかなかお湯にならなかったり、そもそも水が出てこない、体を洗う程度の水ならば出るけれど、髪の毛を洗うほどの水が出ないという事は少なくないのです。

そのため、髪の毛がなかなか洗えないということもあります。

シャワーもトイレと同様、シャワーを浴びたいときに浴びるのではなく、水が出るときに浴びるといった感じです。

このシャワーも中国での生活では大きなストレスの1つです。

まとめ

いかがでしょうか。

このように見ると、これから中国で生活をするという人はびっくりしてしまうかも知れませんね。

深く考えるととにかくストレスになってしまい、落ち込んでしまうこともありますから、そういうこともある、と楽しむ気持ちが大切です。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする