中国へ転勤する場合のビザの申請・取得の流れ

中国に転勤が決まったら、もちろんビザを取得しなければいけません。

日本企業の転勤で中国に引っ越すことになったとしても関係は無いのです。

中国国内で生活するならばビザを取得しなければいけません。

ここでは、ビザをどのように申請したらよいのかということについてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

国内でのビザの取得

中国への転勤が決まったら、まずは中国に行くためのビザの取得をしなければいけません。

転勤先から労働契約書をもらい、中国大使館や領事館で手に入るビザ申請書に記入して大使館や領事館に持参します。

転勤の場合は労働ビザになります。

もしも家族が帯同する場合は、労働ビザを申請する張本人と同時に申請することもできますし、張本人が中国に移り、落ち着いてから家族を呼び寄せるということも可能です。

同時に申請する場合は家族関係を証明する書類が必要になり、後から家族を呼び寄せる場合は企業からの招待状が必要となります。

健康診断

中国は、実はビザさえ取れば中国で暮らせるというわけではありません。

中国に渡ってから30日以内に居留許可証というものを申請しなければいけないのです。

そして居留許可証を申請する際には中国政府が認めている健康診断を受けなければなりません。

日本で受ける場合は国立病院でのみ受けることが可能です。

国立病院に電話し、中国体格検査と言えば通じます。

もしも国立病院であるにもかかわらずこの検査をしたことがないようであったら、出来る限りこの検査をしたことのある病院を探した方が無難です。

なお、診断結果を書く用紙はインターネット上でダウンロードできますから、自分で印刷して病院に持参しなければいけません。

しかし、中国は地域ごとによって診断内容が異なるため、この用紙に書かれた検査項目だけ診察を受けても現地で再度受け直すよう言われる可能性も高くなります。

日本の日中友好病院はどの地域がどの健康診断を必要としているか把握していますので、できればこの日中友好病院に電話し、聞いてみると良いでしょう。

中国で診断を受けることもできます。

中国で受ければ日本の3分の1程度の値段で検査を受けることができますが、事前にどこで受けるか、どのように受けるか、などということが把握できていない場合は日本で受けていったほうが無難です。

居留許可証の取得

中国国内に入ったら30日以内に居留許可証を申請しなければいけません。

これには、労働契約書等他の書類が必要となる場合もあり、中国に入国してから作成しなければいけない書類が出てくる場合もあります。

ですから、30日以内に申請すれば大丈夫と思わず、早め早めに行動するようにしましょう。

まず、中国に入ったら24日以内に最寄りの警察署に行き、滞在許可を得なければいけません。

この滞在許可証も居留許可証の申請に必要になります。

まとめ

いかがでしょうか。

実は、中国のビザのシステムは毎年変わっています。

ですから、インターネット上で誰かのブログなどを見て情報得たとしても、その通りにはいかない可能性が高いです。

ネットなどで得た情報はあくまでも参考として、自分で情報収集をすることも大切です。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする