中国の一ヶ月の生活費について

中国で生活をした場合、その生活費は1ヵ月あたりいくらぐらいになるのでしょうか。

もちろん、中国と一言で言っても地域によって物価が全然違うため、一概には言えません。

また、一般的な中国人と外国人でも生活費は違ってきます。

ここでは、中国の首都北京の外国人の生活費についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

前提

北京と一言で言っても、北京には様々な区があります。

天安門広場があり、大使館などが集まる朝陽区は外資系のショッピングモールもたくさんあり、同時に物価も高くなりますしアパートの家賃も高くなります。

大学などが多く集まる海淀区は朝陽区よりも物価が安くなりますが、北京大学や精華大学が集まる地域であり、生活水準はそれなりに高いといえます。

首都の北京であったとしても、古くからの暮らしを続けているまるでタイムスリップでもしたかのような地域もありますし、物価は全然違ってきます。

ここでは、一般的な海淀区で生活している人を前提に生活費を考えてみたいと思います。

なお、北京は賃貸家賃がとても高く、約100,000円から300,000円程度のアパートが一般的です。

ここでは、約100,000円のアパートを借りているという前提にします。

基本的な生活費

まず、食費は22,000円もあれば夫婦2人で十分生活できます。

スーパーに行くと様々な野菜が売っていますが、安いものから高いものまでピンキリです。

光熱費は1ヵ月で電気代と水道代、ガス代を合わせても2,000円程度です。

特に水道代は非常に安いです。電気は事前にチャージしておき、チャージ分がなくなる前にまたチャージするといった形式です。

中国は電話代もそうですし、レストランなどでもそうですが、前払いが一般的です。

使うだけ使ってお金を払わずに逃げてしまうということを防ぐためのようです。

また、中国では水道水を飲むことができませんから飲料水は買わなければいけません。

飲み水は1ヵ月で約2,000円もあれば大丈夫です。ここまでで26,000円かかっています。

娯楽費

交通費は地下鉄やバスが一般的です。

タクシーであっても初乗りが200円と割安です。

交通費は1ヵ月あたり大体約3,500円でしょうか。

通信費はどのインターネットを使うかにもよりますが、携帯電話は毎月1,000円もかかりませんし、インターネットも2,000円かかりません。

生活用品はどこでも買うかにもよりますが、大体18,000円もあれば何とかなるでしょう。

交際費なども約10,000円で事足りるため、ここだけで34,500円になります。

生活費と娯楽費を合わせると約60,500円になり、家賃と合わせると160,500円になります。

まとめ

いかがでしょうか。

「中国ってそんな値段で生活できるのか」と思う人もいるかもしれませんし、もしかしたら、「中国って5,000円あれば1ヵ月生活できるんだと思ってた」と感じる人もいるかもしれませんね。

先ほども述べた通り、中国は場所によって物価が全然違います。

同じ北京であったとしてもアパートによって家賃が全然違いますし、中国の企業で働くか外資系の企業で働くかということによっても収入が全然違いますから、生活水準は大きく異なります。

もしも自分が中国に転勤するとなり、そこでの生活水準や生活費が気になるという場合は同じ生活をしている人の話を参考にしましょう。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする