中国の生活水準とはどれくらいだろう?

中国の生活水準は地域によって大きく異なります。

例えば、大都市である北京や上海の生活水準と、農村や田舎の生活水準を比べることができません。

ここでは、首都である北京の生活水準についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

平均月収は11万円

首都である北京の平均月収は約11万円と言われています。

また、例えばショップ店員などでは月収7万円ほどであり、仕事によって収入は大きく異なります。

その一方で物価はそこまで安くはなく、例えばマクドナルドは日本よりも高いものもあります。

そのため中国では共働きが一般的です。

確かに女性が働くという姿勢が認められているということもありますが、共働きをしなければ生活できないという現実もあるのです。

また、北京では家賃高騰が激しいため、一般的な中国人の月収だけでは生活できず、アパートを借りるときにはルームシェアも普通です

不法労働者

首都である北京だからといって、全てが華やかというわけではありません。

共産国家では住む場所や働く場所が決められており、決められた場所以外で働く事は違法です。

しかし、例えば農村や田舎など貧しい地域で働く人の中には少しでも高い収入を得るために的にやってきて不法労働をする人も決して少なくはありません。

見つかれば重罪となってしまいますが、他に選択肢がないという人もいます。

そのような人たちが北京にいるため、北京の生活水準は必ずしも高いというわけではありません。

大使館等が連なる朝陽区に行くと、路上で生活をするような人たちも少なくは無いのです。

場所によって異なる

北京といっても、先ほども言ったように大使館などが連なる朝陽区であっても生活水準には差があります。

その一方で、例えば大学などが集まる海淀区では学生街が連なり、華やかな街並みが揃っています。

物価等は朝陽区より低くなり、学生たちに人気があるお店も少なくありません。

しかし、少し中心街から離れた昌平区などでは一般的な街並みとは違う空間が広がっており、日本人にとってはまるで違う次元にいるかのように感じられる通もたくさんあります。

そのため、同じ北京であったとしてもその生活水準は地域によって異なるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

北京であっても生活水準が大きく異なるため、北京以外の地域でも同じことが言えます。

また、大都市と田舎の違いも大きく、一概に中国の生活水準とは言えないという特徴があります。

同様に中国は貧富の格差が激しく、生活格差があるため、様々な人がいます。

年収何百万という人もいれば、年収十万円程度というひともいるのです。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする