中国での高齢者の生活とは

中国の高齢者は一体どのような生活をしているのでしょうか。

日本と中国の高齢者の生活には似た側面もありますが、異なる側面も多くあります。

中国にも社会保障はありますし、年金をもらって生活している人もたくさんいます。

ここでは中国の高齢者の生活をお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

孫の面倒で忙しい

確かに日本にもそのような高齢者はいますが、中国の高齢者の生活の特徴としては、孫の世話で忙しいということが挙げられます。

というのは、今の中国は物価が高騰しており、年金だけでは生活できない状態になりつつあります。

そのため、子供世代や孫の世代に頼らなければ生活できない高齢者も多いため、せっせと投資しなければならないのです。

また、物価のことによって共働きとなり、子供が生まれたとしても母親が働きに行かなければいけないということでジジババが孫の面倒見なければいけないという状態になりつつあります。

旅行などに行って余生を楽しむ

中国では、「今あるお金はすぐに使ってしまう」という考えの人も多く、そのために定年したらすぐに旅行などに出かけ、余生を楽しみたいと考える人もいます。

経済的に余裕がある人は様々な趣味を楽しむことも多く、そして定年が女性は50歳、男性は60歳と年齢が低いこともあり、まだ元気なうちにいろいろ楽しみたいと考える人もいるのです。

ただし今後は定年の年齢が上がることを踏まえ、中には「定年の年齢が上がってしまったら旅行に行けない」などと経済的なことではなく、老後の過ごし方に関して不安を覚える人も少なくありません。

不法労働

さらに、中国の高齢者の生活の中には、不法労働をしなければ生きていけないというものもあります。

共産国家では住む場所と働く場所が決められており、例えば貧しい地域の人たちが大都市に行って仕事をする事は違法です。

もし見つかれば重罪となります。

しかし、どうしても今のお金だけでは生活できない、なんとかお金を稼がなければならない、という人たちは大都市である北京や上海に赴き、例えばペットボトルや空き缶を集めてわずかなお金にしたり、物乞いをしたり、という人も少なくありません。

また、日雇い労働で働くという人も多く、そのために大都市では労働者を取り締まるための規制が行われています。

まとめ

いかがでしょうか。

中国の高齢者の生活は生活環境や経済状況によって大きく異なります。

全体に孫の面倒見なければいけないという事は共通しているようで、街中では孫と遊んでいる高齢者を見かけることも少なくありません。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする