中国に転勤!インターネットは使えるの?

中国に転勤が決まったら、インターネットに対して不安を抱える人もいるかも知れませんね。

中国はインターネット規制が厳しいと言われる国です。

そんな国では一体何ができるのか、どのようなインターネットサイトを閲覧することができるのか、あるいは何をすればインターネット規制を回潜ることができるのか、心配な人もいるかもしれませんね。

ここでは、中国のインターネット事情についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

インターネット規制について

中国はインターネット規制が厳しく、例えばYou TubeやFacebookは閲覧することができません。

それ以外にもTwitterやLINEが使えないということも有名ですよね。

中国ではGoogleを使うこともできず、したがってGmailの使用もできません。

それ以外にも開くことができないウェブサイトもありますし、中国に来てから「え、このサイトって開けないの!?」と驚くものもあるかもしれません。

しかし、もしも転勤先が中国本土ではなく、台湾や香港の場合はインターネット規制の心配はありません。

VPNを使う

中国に転勤できたのであれば、職場のパソコンではVPNを使うということもあるのではないでしょうか。

VPNというのは、中国本土以外のIPアドレスを取得することにより、中国本土のインターネットを利用していながらまるで他の国のインターネットを使っているように見せかけるプロキシのことです。

例えば、中国本土でパソコンを使ったとしても、日本のVPNにつなぐことにより、パソコンは日本でインターネットを使っていると認識します。

それによってYouTubeやFacebookを閲覧することができるのです。

なお、中国国内にもVPNを販売している会社がありますが、中国国内のものは政府が簡単にコントロールできてしまい、つながらなくなることも多いため、もしもVPNを購入するのであれば海外のものの方が良いでしょう。

VPNを使うことによる注意事項

そんな便利なVPNには1つ難点があります。

もしもVPNでつなぐ国を変えてしまうと、パソコンはその国のインターネットを使っていると認識するため、急に違う国のインターネットが使われたと認識してしまうのです。

そのため、もしもフリーアドレスなどを使っている場合は「昨日はアメリカからログインされたのに、今日はイギリスからログインされている」「一昨日はスペインからログインされたのに、昨日はイタリアからログインされて、今日は日本からログインされた」ということも起こってしまうのです。

フリーアドレスなどの場合はハッキングされていると認識し、ブロックされてしまう可能性も考えられます。

もしもフリーアドレスを利用しているのであればパスワードや秘密の質問をしっかり管理することをお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか。

VPNを使えばどのようなウェブサイトであっても閲覧は可能です。

しかし、2018年2月より中国政府はVPNの使用を禁止するとも言っていますので、今後どうなるか、注意が必要です。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする