中国に転勤するための健康診断について

中国に転勤して仕事をするためには、中国の就業ビザを取得しなければいけません。

ビザと言えば在日本中国大使館や領事館に行って取得するというイメージが強いと思います。

確かにその通りなのですが、中国で生活をするためにはビザを取得するだけではなく、訪中30日以内に居留許可申請をしなければいけません。

そしてそこでは健康診断の結果が必要になります。

ここでは、その健康診断についてお話しします。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

健康診断を受ける場所

この健康診断は、体格検査と言われています。

これは中国政府が認めている健康診断であり、決められた項目を受診しなければいけません。

そして、この検査を受けることができるのは国立病院のみと決まっています。

もしも中国に行く予定がある人は最寄りの国立病院に問い合わせてみてください。

中国に行くための健康診断を受けたいと言えば通じるはずですが、もしもその病院にその健康診断をした経験がないようであれば、その病院は避けた方が無難です。

診断用紙はインターネットでダウンロードすることができますから、それを持参しましょう。

なお、健康診断の結果を受け取るときにはその診断書の全てに病院の印鑑が必要になります。

そのような細かい注意事項を踏まえ、経験がある病院で受けた方が良いです。

注意!地域によっては追加の診断が必要

健康診断の用紙をダウンロードしたら、そこに書かれている項目だけ受ければ良いと感じてしまいがちですよね。

しかし、実は中国は地域によって追加の項目が生じます。

そのため、この用紙に書かれている項目だけを受診しても、いざ中国に行ってからその項目を受けさせられの可能性が出てきますし、場合によっては全部もう一度受けなければならないという可能性さえあります。

もしも自分が行く地域の追加項目がわからないという場合は、ぜひ東京代々木駅近くにある日中友好病院に問い合わせてみてください。

この病院は中国に渡航する人を対象とした健康診断を行っており、どの地域にはどの項目が必要ということを把握しています。

ちなみに北京に行く場合は腹部超音波検査が必要になります。

制度は毎年変わる!?

実は、中国のビザの制度は毎年変わっています。

特に労働ビザは取得が厳しくなっているため、転勤の際にも注意が必要です。

その取得方法や延長方法は毎年何かしら変化が起こっており、「去年こんな感じだったから今年も大丈夫だろう」という考え方は通用しない傾向にあるのです。

ですから、この健康診断のことであったとしても、毎年変化する可能性が十分に考えられます。

今はインターネットなどで情報を集める人も多いですが、過去の情報は100パーセントあてになるというものではないですから注意してください。

転勤で中国に行くというのであれば、かつて中国に行った同僚の話を聞いてもそれが全てではない可能性があります。

まとめ

いかがでしょうか。

中国に転勤が決まったら、出発時期に合わせてこの健康診断を受けましょう。

ちなみに、この健康診断は受け取るまでに10日から2週間かかる可能性があります。

即日受け取れるわけではありませんから、前もって準備をしていく必要があります。

スポンサーリンク
china-seikatsuレクタングル大

china-seikatsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする